1971年に4代目クリスチャン・フィッシュバッハが日本フィスバを設立した当時、日本におけるインテリアファブリックスの文化はまだ成熟しておらず、その中でも高級商品の市場は非常に限られたものでした。
私達の日本市場への参入は、ヨーロッパのインテリアメーカーの間では、無謀なものとして捉えられていました。し かし、予想に反し、その卓越したクオリティとデザイン性は、設立当初より、高い見識を持つお客さまからの信頼を得ることとなったのです。

この40年間、お客様の惜しみないご支援に支えられ、私達は常に高級インテリアファブリックスメーカーの第一人 者としての役割を果たして参りましたが、その文化が成熟しつつある今こそが、真のスタートラインであると考えています。

年々洗練されていく日本のインテリア市場において、美しいファブリックスや高級ベッドリネン商品の需要はますま す高まってきており、こうしたインテリアデザインの発展に貢献できることは私達の最大の喜びであります。

皆様には、今後より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

クリスチャン・フィッシュバッハ社 CEO
マイケル・フィッシュバッハ